【2023年完結済ヒューマンドラマ系漫画】考えさせられる内容のおすすめ作品

当ページのリンクには広告が含まれています。
心揺さぶられる|おすすめヒューマンドラマ系漫画|完結作品集

心を揺さぶられる内容や、登場人物の心情を描く漫画といえばヒューマンドラマ系作品。

比較的長編の多くないジャンルですが、内容の濃い作品が多いのが特徴的。

この記事では2,000冊以上の漫画を所有している筆者が、完結済みの作品の中からおすすめヒューマンドラマ系漫画を紹介していきます。

完結済みのおすすめ漫画については下記の記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

その他ジャンルのおすすめ漫画の紹介記事は下記にまとめてありますので、お好みのジャンルをクリックしてください。

バトル・アクション/ファンタジー/サスペンス/ヒューマンドラマ/学園・青春/コメディ/SF/ホラー/文化系/歴史/スポーツ/ビジネス

目次

チ。-地球の運動について-/魚豊(全8巻)

チ。-地球の運動について-
作者魚豊
掲載誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』
(小学館)
ジャンル歴史/ヒューマンドラマ
巻数全8巻

受賞歴

  • 『このマンガがすごい!2022』オトコ編第2位
  • 「漫道コバヤシ漫画大賞2021」グランプリ獲得
  • 第26回手塚治虫文化賞のマンガ大賞
受賞歴をもっと見る
  • 第1回『このマンガがすごい! 芸人楽屋編』第6位
  • 『THE BEST MANGA 2022 このマンガを読め!』第6位
  • 「次にくるマンガ大賞2021」コミックス部門第10位
  • 第46回「講談社漫画賞」総合部門の最終候補に選出
  • 「全国書店員が選んだおすすめコミック2022」第5位
  • 「マンガ大賞」第15回(2022年)第5位
  • 2021年「マンガ大賞」第14回第2位

2022年6月時点で単行本の累計発行部数は250万部

放送開始日は未定ですが、アニメ化されることが発表されました。

15世紀前半のヨーロッパにあるP王国ではC教の教え、すなわち神の教えこそが真理とされていました。C教の教えに反する思想は異端とされ、厳しく取り締まられていました。

この物語の中心となるのは地動説。天動説が正しいと考えられているC教の教義に反すると、研究するだけでも異端とされた地動説の研究に命を捧げたもの達の物語です。

数十年もの時をまたいで描かれるこの作品は、命をかけた地動説の研究と、その研究を次の誰かに繋いでいくストーリー。そして、信念を描いた物語。

裏主人公である異端審問官ノヴァクの目線から読んでもおもしろい作品です。

詳しい内容はこちらの記事で紹介しています。

BLUE GIANT/石塚 真一(全10巻)

BLUE GIANT
作者石塚真一
掲載誌『ビッグコミック』
(小学館)
ジャンル音楽/ヒューマンドラマ
巻数全10巻

受賞歴

  • マンガ大賞2016で第3位
  • 2017年第62回「小学館漫画賞」(一般向け部門)
  • 第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞

2022年6月時点でシリーズ累計発行部数は840万部

2023年2月に劇場版アニメ映画が公開され、音が見えると話題の作品。

主人公の高校生・宮本 大は、初めて見たジャズの演奏に心を奪われ、世界一のジャズプレイヤーになることを夢見ています。

雨の日も雪の日も、毎日欠かさずサックスを吹き続ける大。その真っ直ぐにジャズと向き合う姿を見て次第に協力する人々が現れます。

プレイヤーとしてはまだまだ未熟な大を指導する先生や、演奏する場を与えてくれる人。人の心に響く音が出せる才能を持つ大を応援する人の力を借りながら成長していきます。

物語の内容はもちろん面白いですし、音の響きが聞こえる漫画と言われるほどの熱い気持ちが伝わってくる作品です。現在は第三部が連載されています。

続編作品
  • 『BLUE GIANT SUPREME』全11巻
  • 『BLUE GIANT EXPLORER』既刊8巻(2023年2月10日現在)

BLUE GIANT読者の口コミ

自分はジャズに興味がある訳ではないですが、非常に心を動かされました。また、挫折の繰り返しでそれを必死に乗り越えようとする大の姿にはパワーを貰えましたし、青春漫画でありながらも大人としてのモチベーションも上げてくれた作品で非常に良かったです。

詳しい内容はこちらの記事で紹介しています。

聲の形/大今 良時(全7巻)

聲の形
作者大今良時
掲載誌『ビッグコミック』
(小学館)
ジャンル青春/ヒューマンドラマ
巻数全7巻

受賞歴

  • 2015年版『このマンガがすごい!』オトコ編第1位
  • 「マンガ大賞2015」第3位
  • 「第19回手塚治虫文化賞」新生賞受賞
受賞歴をもっと見る
  • 第80回週刊少年マガジン新人漫画賞入選
  • 第38回講談社漫画賞少年部門 ノミネート
  • 2014年度「コミックナタリー大賞」第1位
  • 「2014年コレ読んで漫画ランキング」4位
  • 「SUGOI JAPAN Award 2016」マンガ部門「SUGOI 20」ノミネート
  • 2016年 YALSA(全米図書館協会)ベスト漫画10選
  • 「この装丁がすごい!~漫画装丁大賞~2015」【完結賞】
  • 2016年「アイズナー賞 最優秀アジア作品」候補
  • 2016年マンガワ賞 少年部門 受賞
  • 2016年日経エンタテインメント! 「ヒット番付」 東前頭16枚目
  • 2017年富川漫画大賞海外漫画賞 受賞

2016年には劇場版アニメーションが制作されました。

耳が聞こえない女の子・西宮 硝子と、過去にを硝子いじめていたことが原因で孤独になった男の子・石田 将也の2人にスポットを当てた物語。

相反する2人の心情を描きながら、「因果応報」「人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさ」をテーマに過去を見つめ直していく様子が描かれる。

主人公の男の子と、いじめにあう耳の聞こえない女の子が一年の中で周りと葛藤しながら少しずつ気持ちが伝わっていくところに気持ちが揺さぶられる作品。

漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥3,850 (2024/05/21 16:45時点 | 楽天市場調べ)

大東京トイボックス/うめ(全10巻)

大東京トイボックス
原作者うめ
掲載誌『コミックバーズ』
幻冬舎)
ジャンルヒューマンドラマ
巻数全10巻

受賞歴

  • 2012年「マンガ大賞」第2位

2014年にはテレビドラマ化もされた作品。

面白いゲームを作る。かつて人気ゲームシリーズを開発していた天川 太陽が大手ゲームメーカー「ソリダスワークス」を退職し、自身と仲間で立ち上げた会社「スタジオG3」でのゲーム制作を行なっていく物語。

スタジオG3と電算花組が共同で開発していく新作ゲーム「デスパレートハイスクール」の制作を通して仕事やゲームに対する信念や、仲間たちとの友情を描きつつ、サスペンス的な要素も取り入れた作品。

一部の圧力から、ゲーム内容に変更を余儀なくされることが頻繁に起こりますが、その度に太陽の「仕様を一部変更する!」の一声で大幅に内容が変更されていく。

問題や大人の事情に直面しながらも「面白いゲームを作る」といった信念は曲げない太陽のかっこよさは必見。

『花の慶次 ―雲のかなたに―』/隆慶一郎(原作)/原哲夫(漫画)

花の慶次 ―雲のかなたに―
作者隆慶一郎(原作)/原哲夫(漫画)
掲載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)
ジャンル歴史/ヒューマンドラマ
巻数 完結済 全18巻

『花の慶次 ―雲のかなたに―』の内容|当代きっての傾奇者・前田 慶次の生き様がカッコ良すぎる

前田利家の兄・前田利久の養子となった前田 慶次は天下一の傾奇者として知られ、権力や金になびくこともなく自由奔放な生き方をする男。

恵まれた身体で戦にも強く、媚びることもない前田 慶次の振る舞いを認めた豊臣 秀吉から「傾奇御免状」を与えらる。これは全国どこにいても「我を通すことを許す」といった御免状であった。

自由気ままに生きる慶次ではあったが、自分にとって大切な人や気持ちを何よりも大切にし、どんな相手にでも筋を通す生き方に男女問わず惹かれていく人物像。

愛馬・松風に乗り好きなところへ赴く前田慶次の生き様をぜひ読んで、知って欲しい作品。

リバーエンド・カフェ/たなか亜希夫(全9巻)

リバーエンド・カフェ
原作者たなか亜希夫
掲載誌『漫画アクション』
(双葉社)
ジャンルヒューマンドラマ
巻数全9巻

物語の舞台は、東日本大震災から7年後の石巻。震災で両親を失くし、学校ではいじめられている高校生サキは、川のほとりでカフェのマスターと知り合い、マスターや常連客らと接するうちにカフェが心休まる居場所になっていきます。

震災についての描写もあり、真面目な内容の作品に思えますが、現実ではありえないキャラクターや現実離れした不思議なエピソードも描かれ、震災漫画とはいえ構えることなく読める作品です。

震災を扱った作品ですが全体的に少し変わった印象もあり、最後の最後まで笑えて泣けて心暖まる漫画だなあと思って読み進めていくと、最終回で意外な結末を迎えます。

最終回のマスターの飼い犬に関するシーンがおすすめですが、詳しく言ってしまうとネタバレになるので差し控えます。最終回を読むと、必ずもう一度最初から読み返したくなる作品です。

ヒカルの碁/原作 ほったゆみ 漫画 小畑 健(全23巻)

ヒカルの碁
作者ほったゆみ(原作)/小畑健(漫画)
掲載誌『週刊少年ジャンプ』
(集英社)
ジャンル歴史/ヒューマンドラマ
巻数全23巻

受賞歴

  • 「第45回小学館漫画賞」 
  • 「第7回手塚治虫文化賞」新生賞を受賞

2013年5月時点でコミックスの累計発行部数は2500万部

作画の担当は『デスノート』で有名な小畑 健先生。

小学生の進藤 ヒカルは、祖父の家で古い碁盤を見つけます。その碁盤には平安時代の天才棋士・藤原 佐為(ふじわらのさい)の霊が憑いており、佐為の霊はそのままヒカルへ取り憑いてしまいます。

ヒカルにだけ見える佐為の霊にせがまれたことをキッカケに、囲碁を打ち始めることとなります。

「神の一手を極める」ことが佐為の目的であり、佐為の言う通りに囲碁を打っていきますが、次第にヒカル自身が囲碁の魅力に気がついていきます。

佐為との出会いで囲碁と出会い、プロ棋士を目指していくヒカルの葛藤が詰まった名作です。

『ヒカルの碁』読者の口コミ

ヒカルの碁は主人公のヒカルがどんどんと囲碁にのめり込んでいき、最終的に日本代表にまで登り詰めるお話です。その成長スピードが異常で、初期は部活で囲碁をしていたヒカルがいつの間にかプロ棋士になっているレベル。そのため部活で切磋琢磨した友人たちをヒカルが実力で置き去りにしてしまいます。このプロとアマの隔たりというリアルな描写をしっかり描くのがこの作品の魅力です。強くなる、上達することが全てプラスに働くわけではないという苦い事実を少年漫画でありながら、まざまざと見せつけてくるのがたまらなく好きです。

完結済みおすすめヒューマンドラマ系漫画のまとめ

完結済みの名作ヒューマンドラマ系漫画を紹介してきました。

心温まる内容から、考えさせられる内容までさまざまな種類の作品が存在するジャンルで、キャラクターの成長や、心理描写を読み込みたい人におすすめです。

この記事は今後も少しずつ作品を追記していくので、ヒューマンドラマ系漫画が好きな方はブックマークを推奨いたします。

他にもたくさんのおすすめ漫画作品があるので、下記の記事も参考にしてください。

電子書籍で漫画を読むならebookjapanがおすすめです。ebookjapanについての詳しい内容はこちらの記事で解説しています。

当記事では、漫画に関するアンケート・口コミを独自に調査をするためにクラウドワークスを利用して募集しています。

当記事の口コミ調査内容 : 連載中の少年漫画・青年漫画の中でおすすめの作品と、おすすめのポイントを教えてください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次