『アンダーニンジャ』感想&あらすじ|現代社会に潜伏する忍者を描いたサスペンス作品

当ページのリンクには広告が含まれています。

『アイアムアヒーロー』の花沢 健吾が描く現代の忍者像。

現代では存在しないと思われている忍者はありとあらゆる組織に潜伏し、水面下で20万人ほど残っている世界。

『アンダーニンジャ』は2023年にアニメ化も決定している作品。

この記事では『アンダーニンジャ』のあらすじと感想、口コミを紹介していきます。

漫画のおすすめポイントを紹介するにあたって簡単なネタバレを含みますので、ネタバレを知りたくない方はあらすじのみをご覧ください。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥759 (2024/05/17 13:25時点 | 楽天市場調べ)

電子書籍で『アンダーニンジャ』を安くを購入するならebookjapanコミックシーモアがおすすめです。

\初回70%OFFクーポンがもらえる/

ebookjapan公式サイト

\初回限定70%OFFクーポンゲット/

コミックシーモア公式サイト

ebookjapanについてはこちらの記事で解説しています。

目次

『アンダーニンジャ』|あらすじと基本情報

原作者花沢健吾
掲載誌『週刊ヤングマガジン』(講談社)
ジャンルアクション/サスペンス
巻数連載中 第11巻
2023年9月の情報

『アンダーニンジャ』のあらすじ

太平洋戦争が終結したのち、忍者組織はGHQによって解体されたかに思えた。実際にはあらゆる組織に潜伏しており、現在でも約20万人の忍者が存在している。

末端の忍者(下忍)は職にあぶれ、暇を持て余している者も多い。

主人公である雲隠 九郎もニート同然の生活を送っていたが、とある高校への潜入任務の命令が下される。

九郎に立ちはだかるさまざまな問題と新たな任務を淡々とこなしていく中、与えられた任務の重要性と緊急性が見え隠れしていく。

『アンダーニンジャ』の主な登場人物

雲隠 九郎

本作の主人公。忍者としてのランクは下忍。自称17歳だが、実際は24歳。講談高校への潜入の任務を与えられている。

川戸

九郎の住むアパートの住人。夜の仕事をしており、暇があればビールを飲んでいる。「22・2・22事件」と呼ばれる忍災で両親を失っている。

大野

九郎の住むアパートの住人。彼の住む部屋が九郎の部屋と繋がっており、ビールや食料を勝手に取られている。

加藤

宅配便「志能便」の配達員として勤務するかたわら、中忍としての任務をこなす。九郎に指令を出す人物。

『アンダーニンジャ』の魅力|おすすめポイント

  1. 冴えない雰囲気の主人公
  2. ゆるく淡々と進むストーリー
  3. 忍術よりも最新鋭の装備

冴えない雰囲気の主人公

忍者の主人公というと任務のために命をかけて全力で取り組むようなイメージがありますが、本作の主人公は違います。ここぞというときには忍者らしい戦いを見せますが、基本はだらしない男で、淡々と過ごしています。

命をかけて任務に取り組むといった点では相違はありませんが、基本的に頼りない雰囲気しかありません。

隣の部屋の食べ物を勝手に食べたり、ダラダラと過ごしてみたりと、忍者というよりニートの生活を見ているような感覚。

この緊張と緩和のバランスがよく、ゆったりとした中に隠されたストーリーの重要ポイントが見えるところが面白いところ。

ゆるく淡々と進むストーリー

緊張感のあるバトルシーンばかりでなく、日常に溶け込むような戦いが繰り広げられていく作品。

学校に潜入するミッションが行われるまでにも、忍者に関係する事件が起こり、その事件を解決する場面が描かれますが、派手なシーンで描かれることは少ないのが特徴。

一気に加速していくストーリー展開よりも、ジワジワと進みながら少しずつ大きな波に巻き込まれていきます。

ド派手な忍術での戦闘よりも、特殊部隊のように影で動く描き方がなんとも現代らしい忍者の姿に感じさせます。

忍術よりも最新鋭の装備

忍者といえばNARUTOのキャラクターのようにあらゆる忍術で戦うイメージがありますが、『アンダーニンジャ』では最新の科学技術を使った装備を使って戦います。

「摩利支天」と呼ばれる忍具が登場し、姿が消える服やエアバッグが開くパーカーなど、忍術のみならず現代らしいアイテムに、どこかリアリティを感じる設定になっています。

実際の忍者を現代風に描くならこのような姿をしているかもと思わせてくれる作品です。

『アンダーニンジャ』Twitterでの口コミ・評判

『アンダーニンジャ』をお得に読む方法

電子書籍ストアebookjapanでもらえる初回配布クーポンを利用すれば、2023年9月時点の最新刊の第11巻までが3,000円安く購入できます。

最新刊の第11巻までの通常価格8,019円(税込)
初回クーポン適用時の価格5,019円(税込)
※初回クーポンを1冊につき1枚使用した場合の価格です。

\初回70%OFFクーポンがもらえる/

ebookjapan公式サイト

『アンダーニンジャ』についてのまとめ

『アイアムアヒーロー』の花沢 健吾が現代での忍者を描いた、シュールな雰囲気をまとったアクションサスペンス作品。

2023年にアニメ化されるので原作、アニメともにますます注目が集まっています。

『アンダーニンジャ』のおすすめポイント

  1. 冴えない雰囲気の主人公
  2. ゆるく淡々と進むストーリー
  3. 忍術よりも最新鋭の装備
楽天Kobo電子書籍ストア
¥759 (2024/05/17 13:25時点 | 楽天市場調べ)

\初回70%OFFクーポンがもらえる/

ebookjapan公式サイト

\初回限定70%OFFクーポンゲット/

コミックシーモア公式サイト

2023年注目のおすすめ作品はこちらの記事で紹介しています。

漫画を安く購入するなら電子書籍がおすすめです。おすすめの電子書籍ストアはこちらの記事で紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次