『一ノ瀬家の大罪』感想&あらすじ|一家全員が訳アリ?!家族に隠された秘密とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
『一ノ瀬家の大罪』

『タコピーの原罪』の作者・タイザン5先生の最新作。

2021年より連載された『タコピーの原罪』は、少年ジャンプ+で史上初の1日200万以上の閲覧を記録した名作。

この記事では期待と注目が集まっている『一ノ瀬家の大罪』について、あらすじと感想、口コミを紹介していきます。

漫画のおすすめポイントを紹介するにあたって簡単なネタバレを含みますので、全く何も知りたくない方はあらすじのみをご覧ください。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥502 (2024/05/20 21:41時点 | 楽天市場調べ)

電子書籍で『一ノ瀬家の大罪』を安くを購入するならebookjapanがおすすめです。

\初回70%OFFクーポンがもらえる/

ebookjapan公式サイト

ebookjapanについてはこちらの記事で解説しています。

目次

『一ノ瀬家の大罪』|あらすじと基本情報

原作者タイザン5
掲載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)
ジャンルSF/ホームドラマ
巻数連載中 第巻
2023年8月現在の情報

『一ノ瀬家の大罪』のあらすじ

一ノ瀬 翼は、数人の人に囲まれながら病院で目を覚まします。しかし、交通事故の影響で記憶喪失になっていました。自分のことも家族のことも何ひとつ覚えていない状況の中、ある事実を知らされます。

家族全員が記憶喪失。

一ノ瀬家は、翼・父・母・妹・祖父・祖母の6人家族ですが、一家で事故に遭ったために全員がなにも覚えていません。記憶や元の生活を取り戻そうと、家族全員で協力して架空の思い出トークをしながら仲良くなっていきます。

無事に退院した一ノ瀬家でしたが、家に帰って元の生活の様子を知ることとなります。

ゴミにまみれたリビングや、それぞれ鍵のついた個室。普通の仲良し家族ではなかったもかもしれない。家族がひとりひとり抱えていた問題とは…。

『一ノ瀬家の大罪』の主な登場人物

一ノ瀬 翼

本作の主人公。中学2年生の男子。事故の影響で記憶が全くなくなっている。

一ノ瀬 詩織

翼の妹。13歳。翼と同様に事故の影響で記憶喪失に。

一ノ瀬

一ノ瀬 翼の父親。44歳。同じく事故の影響で記憶喪失。

『一ノ瀬家の大罪』の魅力|おすすめポイント

  1. 家族全員が記憶喪失という設定
  2. ストーリー展開が期待を煽る
  3. 序盤から引き込まれる内容

家族全員が記憶喪失という設定

主人公が記憶喪失になっている物語は聞いたことがありますが、家族全員が記憶を失っている作品はあまり聞いたことがない設定です。というより、筆者は見たことがありません。

家族全員が記憶喪失なので、これまでの生活や家族関係が全くわからない状態で進んでいきます。

その中でお互いに支え合い、家族としての絆を確認しながら前を向いていこうといった内容。であれば良かったのですが、第1巻の時点で不穏な空気が流れます。

ストーリー展開が期待を煽る

家族が助け合って記憶を取り戻していくストーリーではなく、家族全員が覚えていない家族の問題やそれぞれが抱える問題が顔を覗かせます。

主人公である翼はいじめ問題を抱えていることが明らかになりますが、おそらく今後は家族全員の問題が浮き彫りになっていきそうな展開に。

「記憶喪失」からの「家族の助け合い」でポジティブな印象だった展開が、一気に暗い雰囲気を漂わせる展開に変わっていく様子はさすがタイザン5先生だなと思わせるストーリー展開です。

序盤から引き込まれる内容

第1巻の時点でかなりの情報量が詰まった『一ノ瀬家の大罪』

現段階ではどのようなストーリー展開になっていくのかは分かりませんが『タコピーの原罪』のように少し鬱展開を感じさせられます。

序盤から読者の気持ちを上げて落としていくといったテンポの良い内容と、今後の展開を予想させる含みを持った内容にプラスして、作画と構図が素晴らしい作品になっています。

一ノ瀬家が自宅に帰ってきた時のコマでは、魚眼レンズを覗いたような湾曲した構図で表現されていて、雑多な様子や玄関からの奥行きを感じさせられます。

『一ノ瀬家の大罪』Twitterでの口コミ・評判

『一ノ瀬家の大罪』をお得に読む方法

電子書籍ストアebookjapanでもらえる初回配布クーポンを利用すれば、最新刊第3巻までが1,053円安く購入できます。

3冊購入の通常価格1,503円(税込)
初回クーポン適用時の価格450円(税込)
※初回クーポンを1冊につき1枚使用した場合の価格です。

\初回70%OFFクーポンがもらえる/

ebookjapan公式サイト

『一ノ瀬家の大罪』についてのまとめ

『一ノ瀬家の大罪』第1巻表紙

今回は『タコピーの原罪』の作者・タイザン5先生の新連載作品『一ノ瀬家の大罪』を紹介してきました。

家族全員が記憶喪失で訳アリという設定と、タイザン5先生らしい作画の構図で今後の期待が高まっている作品です。

『一ノ瀬家の大罪』のおすすめポイント

  1. 家族全員が記憶喪失という設定
  2. ストーリー展開が期待を煽る
  3. 序盤から引き込まれる内容
楽天Kobo電子書籍ストア
¥502 (2024/05/20 21:41時点 | 楽天市場調べ)

2023年注目のおすすめ作品はこちらの記事で紹介しています。

漫画を安く購入するなら電子書籍がおすすめです。おすすめの電子書籍ストアはこちらの記事で紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次